ワキガと足の臭いの関係性とは

ワキガの人は足の臭いもキツいという話をよく耳にしますが、実はその2つの関連性はそれほど大きくはないものと考えられます。それはワキガと足の臭いの発生するメカニズムの違いがあるからです。
どちらも汗をかくことによって臭いが発生するのですが、ワキガの場合にはアポクリン汗腺という汗の出る器官がその主な原因となっています。アポクリン汗腺から分泌される汗の成分は、タンパク質や脂質を多く含んでおり、それが脇の下に潜む常在菌が分解することによって臭います。アポクリン汗腺の量には個人差が大きく、ほとんどない人もいればたくさんのアポクリン汗腺があることによって強烈なワキガの臭いを発生させている人もいます。
一方で足の臭いに関してはアポクリン汗腺の影響はほぼないものと考えられています。足を含む体全体にはエクリン汗腺が分布しています。通気性の悪い革靴やブーツの中では特に足が蒸れますので、その蒸れた環境と足の角質や垢などを栄養源に雑菌が繁殖しますのでそこから臭いが発生します。ストッキングやタイツを履いてさらにブーツを履くと、通気性の悪さと吸汗性の低さが相まってより雑菌が繁殖することになるために、臭いもより強力になります。しかしアポクリン汗腺から出る汗を分解する臭いとは根本的に異なります。
もちろんどちらの臭いも不快なことにはかわりありませんので、しっかりとしたわきが治療や対策を行うことが重要です。脇からも足からも臭いがするのはエチケット違反となりますのでくれぐれも気をつけましょう。