知人からお金を借りるときの上手な言い訳の仕方

知人からお金を借りる場合には、正直にお金に困っているという事実だけを伝えるのも考え物です。自分に落ち度があったためにお金に困っているという印象を与えてしまうと、知人もお金を貸そうと思わなくなってしまう危険性があります。したがって、うそをつくわけではなく、うまくお金借りるために言い訳をする必要があります。
よくある言い訳としては、誰かのためにお金が必要であるという状況を説明することです。家族や大切な人がお金で困っていてそのための元手としてのお金を借りたいということを伝えれば、知人からスムーズにお金を借りることができます
。また、自分に対する印象も悪くせずに済むことができて一石二鳥です。
他にも、上手な言い訳として、知人にかわいそうだと思ってもらうという方法があります。偉そうな態度であれば、お金を借りることは難しくなってしまいますが、逆に本当にお金に困っているということが知人に伝われば、快くお金を貸してくれます。本当に自分にとって大切なことが何かを考えれば、一瞬のプライドよりもお金を優先すべきです。何かしらのトラブルに巻き込まれてしまったり、自分の失敗によって損失を受けてしまったことをより相手に自分の状況がかわいそうだと思ってもらえるように伝えることが、知人からスムーズにお金を借りるために必要となってきます。お金を借りるときは、丁寧な態度で焦らずに自分の置かれている状況を相手に伝えることが重要です。